読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペン習字

今日はペン習字の体験教室に参加してきました!
私は字がキレイじゃない事をずっと引け目に感じていましたが、大人になるまで結局、直さずに来てしまっていました。
今はパソコンがありますので、手書きの文字を書く機会が減っていて、何となく誤魔化せてしまっていたのです。

ですが、最近になってお世話になった方へお礼状を送る時や、友人の結婚式などのご祝儀袋に字を書く際に、恥ずかしい思いをすることが多くなってきたのです。
大人として、これではイカン!と思って一念発起!!
ちょうど通いやすい場所に大人向けのペン習字講座が開講されているのを知り、さっそく電話して1日体験入学の申し込みをしました。

ドキドキしながら教室に行ってみると、30代後半くらいの上品な女性講師がにこやかに出迎えてくれました。
ところが、周りを見渡してみると、教室に参加しているのは小学生の児童ばかり。
講師に聞いてみると、児童向けの書き方講座も同時に開講しているとのこと。

授業のスタイルは個人に与えられた課題を黙々とこなし、出来上がったら講師に添削・指導してもらう、というもの。
課題の内容は異なるとはいえ、小学生に混じって学習するなんてちょっと恥ずかしいなと思ってしまいました。

講師より課題を手渡され、何とまずはペンの持ち方や書く時の姿勢から指導を受けました。
こんな初歩的なところから指導されるの?と思わず感じてしまいましたが、指導された通りの持ち方と姿勢で文字を書き始めたところ…びっくり!全然疲れないのです!
私は文字を書く時にどうしても前かがみになり、グッと力を入れて書いていたので、文字を書き終わった後は腕は疲れ肩も首もこってしまっていました。
それに比べて、正しい持ち方と姿勢で文字を書いたときは、スーッとペンが紙の上を滑っていくように、軽い力でサラサラッと書けたのです。

体験教室が終わるころには、まだキレイな字とは言えないものの、自分の字の雰囲気がかなり変わったのも印象的でした。
文字のバランスや、トメ、ハネ、などを意識するだけで、こんなにも字の印象は変わるのか、と本当に驚きました。

これは、教室に通う価値アリ!と思い、今は受講申込書の記入をしています。
この字が、数か月後にはキレイな字に生まれ変われるよう、頑張りたいと思います。